お仕事譲渡ネットワーク長野

(競売)担保不動産が競売にかかれば、それで借金はなくなるのか?

金融機関から事業資金なり住宅資金を借りる時には、購入不動産に対して抵当権設定を求められます。

抵当権が何かというと簡単に言えば、「もし借りたお金が返済できない時には、その不動産を差し押さえて売却して現金化・それを以って融資を返済してもらいますよ」というもの。

ここまでを読むと、もしお金が返せなくなった時には不動産が自分のものではなくなるんだな、そう読み取れます。

例を出しますと

融資残高   3,000万

もし、この時に返せないとなって、不動産が競売なり、任意売却を行うことになり不動産を処分しました。

競売の落札価格  2,000万 とすると・・・・

お金を貸している金融機関にとっては、1,000万が返してもらえていないことになります。

そうなんです、こういったケースであれば 銀行債務が1,000万円残っているんです。

この状態を無担保債権1,000万 ということになります。

金融機関は、担保を取っていない状態で、その人に1,000万を貸し付けている状態であるということです

つまり、不動産担保を処分しても、すべての債務が消えるわけではないということ。

残った債務は、返済計画などを見直すなどしながら返していかなくてはいけません。

よって、競売で落札される価格が未定のまま、債務残高が左右されるのと
任意売却によって、自分の裁量で債務を減らすのと どちらがいいですか?と
いうことになります。

また、競売にかけるにもそれ相応の費用がかかりますので注意です。

私個人としては、任意売却で対応していった方がいいのではないかと思います。

西村